神経を抜いたのに痛むそのわけ

こんにちは、ニコデンタルクリニック、歯科衛生士の佐藤です。

今日は、虫歯が神経までいき、神経をとる処置を行ったあと、痛みを伴うわけについてお話します。

虫歯が、歯のなかで広がり、神経にまで感染を及ぼすと、神経をとる処置を行います。

この治療を、私たちは根管治療と呼んでいます。

根管治療は、歯を抜かずに残すための最後の手段で、たいへん困難な治療です。そのため、どんなに高度な技をもってしても成功するとは限らない面があり、治療後の経過、痛みについては、患者さんにとって、もっとも気になる点でしょう。

根管治療が成功しても、その後痛みがなかなか引かないということがしばしば起こります。というのも、根管治療用の細い針が届き、治療できるのは歯の内側だけ。歯の外側の組織にまで感染が広がっていると、直接処置が出来ないからです。

しかし、歯の中を綺麗に掃除し、殺菌し、しっかりとフタをしていれば、身体の抵抗力により、歯の周囲の炎症が徐々に治まります。

そのほかに、痛みが続く原因は、細い針でも掃除しきれない細かい根管に細菌が残っている場合や、強く噛んだために治療した後の歯が傷んでしまったこと、などの原因も考えられます。

 

根管治療が必要になる以前の段階で歯科医院においでいただき、虫歯を早期に発見し、歯の神経を残せることの出来る治療を受けていただきたいと思います。


ニコデンタルクリニック 川口駅 徒歩1分

  カテゴリ:未分類