沈黙の病い(Silent disease)

こんにちは。ニコ歯科クリニックの歯科助手、吉田です。

今日は、Silent disease(沈黙の病い)とも呼ばれている歯周病についてお話ししようと思います。

 

さて、皆さんはお口の中に痛みがないからといって安心していませんか??

痛みがない=口内が健康!・・・と言う訳ではありません。

歯周病は病状が、かなり進行するまで痛みが出にくい(自覚症状が出にくい)のが特徴です。その為、痛みが出た時には、すでに手遅れで歯がグラグラということも・・・

 

歯周病は日本人の成人 役80%何かしらの症状があると言われ、まさしく国民病の一つです。また、歯周病の患者さんがなかなか減らないは、末期にならないと痛みが出にくいという特徴が影響してるのかもしれません。

 

なんで歯周病は痛みが出にくいのか??

まず、歯周病とは歯周ポケットに入り込んだ歯周病菌が起こす病気で、歯周ポケットの中で炎症が始まり、その影響により歯を支える骨が溶けてしまい、血や膿が膿が出たりしながら徐々に悪くなっていきます。この時、ほとんど痛みはありません。

痛みが出ないのは、歯周ポケットが外側に向かって開かれている為、膿や血が出入り自由で内圧が上がらず痛みを感じるセンサーが圧迫されないからです。

しかし、歯周病が進行すると歯周ポケットの深い部分の閉鎖された空間で炎症が起き始めます。すると、外に出ようとする膿が周囲の組織を圧迫したり、晴れた組織により内圧が高まり、痛みが出始めるのです。

さらに、内圧が高まると膿は歯茎を破り出てきます。すると、内圧が下がり痛みが引いてしまいます。しかし、この状態は治ったわけではありません。一時的に痛みが引いているだけで、体調の変化に合わせて痛みが出たり引いたりを繰り返します。

そして、歯はグラグラになり抜け落ちてしまうか、抜歯せざるをえなくなります・・・。

 

・・・これが、沈黙の病いと言われる歯周病です。

油断できない本当に怖い病いだと思います。

ご自宅でのオーラルケアと定期的なメンテナンスで歯周病予防を行いましょう^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ニコデンタルクリニック 川口駅 徒歩1分

  カテゴリ:未分類