アーカイブ: 10月 2014

電動歯ブラシ

こんにちは。ニコ歯科クリニック 歯科助手の吉田です。

 

今日は、電動歯ブラシについてお話したいと思います^^

まず、電動歯ブラシは3つに大別されいて下記のようになっております。

〜高速運動電動歯ブラシ〜

こちらは、電動歯ブラシといわれていたタイプで、ヘッドを強く回転・振動させてプラークをかきとります。

手を動かさずに使用できるものが多いですが、中には手用ブラシのように歯ブラシを動かすタイプもあります。

また、高速運動歯ブラシにも3タイプあります。

1、毛束振動式➜ブラシ全体が振動する

2、毛束回転式➜毛束が回転する

3、反転運動式➜ブラシのカップ部分が反転運動をする

 

〜音波歯ブラシ〜

電動歯ブラシに音波振動を加えた歯ブラシで、毎分約3万回の音波振動を発生させて歯肉と歯の間(通常の歯ブラシや電動歯ブラシではとどきにくい場所)のプラークを除去でき、ブラシの先が高速で動くので歯に付いているプラークもきちんと除去してくれます

ブラシ自体が動くので、手用歯ブラシのように動かして磨いてしまうと歯面にブラシが上手く当たらなくなるので、手を動かさずブラシを十分に湿らせて使うと良いですよ。

 

〜超音波歯ブラシ〜

超音波のパワーで、歯とプラークの結合を弱めてくれ、プラークを除去してくれます。

また、口腔内の細菌連鎖を破壊(細菌に直接作用)してくれます。

超音波振動は補助的なものなので、手用歯ブラシのように動かす(圧をかけずに小刻みに動かす)ことが必要です。

 

 

さて、このように電動歯ブラシにも種類がありますが、どのブラシがプラーク除去に効果的なのでしょうか??

手用歯ブラシも入れた電動歯ブラシ3種類(高速運動・音波・超音波)を比べてみた結果・・・

超音波<音波<高速電動<手用歯ブラシ

上記の順でプラーク除去効果がありました。

電動歯ブラシは、ブラッシング圧が調整しずらいため除去効果が劣ると言われています。

手用歯ブラシが上手く使えるようでしたら、電動歯ブラシを使用する必要はないと思います。

歯ブラシの使い方や、相談など、気になることがありましたらお気軽にご相談下さい^^

 

それでは、良い週末をお過ごしください。

 

 カテゴリ:未分類

連休

こんにちは。ニコ歯科クリニック 助手の吉田です。

 

もうすぐ11月ですね。

11月3日は文化の日で祝日のためお休みをいただきます。

翌日4日も定休日となりますのでご予約の際はご注意ください。

 

 

 カテゴリ:未分類

入歯で大切な事

こんにちは。 ニコ歯科クリニック 助手の吉田です。

 

医院から見える西口公園の木々が秋めいてきました。

日中は、近くの保育の園児が元気に駆け回って居るのがよく見えます^^

さて、今日は義歯(入れ歯)をお持ちの方に、必ず行っていただきたい3つの事を簡単にお書きしたいと思います。

① 義歯ブラシでのお手入れと、義歯洗浄液でのお手入れを、毎日きちんと行ってください。

② 義歯だけでなく義歯床内や粘膜面も汚れやすいので粘膜用のブラシを使用して、しっかりとお手入れをしましょう。

③ 定期健診を1ヶ月〜2ヶ月に1回は行い義歯と粘膜の状態をチェックしてもらいましょう。

 

天然歯ではないからとお手入れを怠ると、口内トラブルに繋がります。

義歯の調整が終わり付け心地がよくなると、歯医者さんへ足が伸びなくなる方も多いと思いますが、定期的なメンテナンスと毎日のお手入れがあっての義歯です。

少し面倒でも日々の積み重ねを大切にしていきましょう^^

 

 カテゴリ:未分類

こんにちは。ニコデンタルクリニック歯科助手の吉田です。

 

先日、衛生士の日浦さんに歯石を取っていただきました。

ここ最近、下前歯の歯石がとても気になって居たのでスッキリしました。

取ってもらった歯石を見ると、もっとオーラルケアを頑張ろうと燃えます。

 

歯医者さんは痛くなってから通うというイメージが強いと思いますが、予防のために通えば苦手な麻酔や痛みに耐えることなく歯医者に通うことができるんですよ^^

皆さんもむし歯0をめざしましょう!!

 

 

 カテゴリ:未分類

気圧と歯痛

こんにちは。ニコデンタルクリニック歯科衛生士の本田です。

今日は気圧の変化での歯痛について書きたいと思います。

航空歯痛と呼ばれる歯の疼痛があります。

上顎洞と呼ばれる空洞の空気が膨張されるために、それが刺激となって脳に伝わり、直接痛みを感じない所・以前治療した所に、関連痛として発現することがあるそうです。

拍動痛と呼ばれる心臓の鼓動に合わせたようなズキンズキンした痛みは、神経の中に充血が起こり、内圧が亢進した・つまり圧迫された痛みなのです。

気圧の変化で痛みが出やすい場所がある方は、むし歯や歯の炎症が出ている場合がありますので、1度歯医者で相談したほうがよいかもしれません。

根の治療中は、飛行機に乗ってしまうと内圧が高まるので

痛みが出ることが多いですので治療中の方や治療に入る場合にはご相談されることをお勧めします。

 

 カテゴリ:未分類

アロマテラピー

 

こんにちは!

ニコ歯科クリニックの歯科衛生士学校在学中の齋藤です!

学校でアロマの授業がありオリジナルのアロマオイル作りとハンドマッサージを体験しました。

アロマはリラックス効果など様々な効果があって、

医療の現場で使われていることが多いらしいです。

自分の好きな香りを組み合わせることができて、

私はグレープフルーツとラベンダーを選びました。

グレープフルーツはリフレッシュ効果やダイエット効果があるみたいですね!

ラベンダーはリラックス効果があって寝る時にお勧めらしいです

でも匂いが強すぎると逆効果らしいので使い過ぎには注意です!

ハンドマッサージは気持ちよくてウトウトしてしまいました(笑)

家に帰ったらさっそく母と祖母にモデルになってもらおうと思います☆

 

 

 

 

 

 カテゴリ:未分類

夜間授乳と虫歯について

こんにちは。ニコデンタルクリニック歯科衛生士の日浦です。

あっという間に息子が8か月になり、離乳食も2回食になりました。毎日たくさん食べて欲しいし、栄養バランスも整ったメニューにしたいし・・・と試行錯誤の日々を過ごしています。

そして、歯が6ヶ月になって下から2本生えてきて標準的だなとほほえましく毎日観察していますが、8ヶ月になって上からも2本生えてきてとってもかわいい歯が見えてうれしい反面お顔が赤ちゃんぽくなくなってさみしく感じます。

そして私は職業柄絶対に息子の歯は虫歯にしないぞ!と自信がありましたが夜間の授乳もまだまだ頻繁だし添い乳しているのも私なら大丈夫!!から大丈夫かな・・・と心配になってきました。

でもママさん患者さんに実体験を重ねて良いアドバイスが出来るようまずはわが子のむし歯ゼロ!!がんばります。

 カテゴリ:小児歯科

ホワイトニングの前に・・・

こんにちは。ニコ歯科クリニック 助手の吉田です。

 

今日は、ホワイトニング…の前にすべき事についてお話ししたいと思います^^

突然ですが、例え話を元にクイズをお出ししますので一緒に考えてみてください☆

Aさんの場合・・・

ホワイトニングをして、〇月〇日までに白く綺麗にしたい。

Bさんの場合・・・

以前からホワイトニングが気になっていたが時間がなくて出来なかったけど、今日は予定が空いたからホワイトニングに行こうかな~♪

・・・などなど、ホワイトニングに来るタイミングは様々ですが、AさんとBさんに共通するのが今日ホワイトニングをする‼という事です。

さて、ここでクイズです!!

Aさん、Bさんは、ホワイトニング施術できるでしょうか??

・Aさん  できるorできない     ・Bさん  できるorできない

 

 

 

答えは、二人ともできません。

突然ご予約をいただいても基本的にはホワイトニングはできません。

ホワイトニングの前に、歯を綺麗にクリーニングしたり、ホワイトニングのカウンセリングをする必要があります。

クリーニングでは歯についた歯石と着色を取っていきます。

一見、面倒に思えてしまうクリーニングとカウンセリングですが、歯を白くする為には、とても大切なことなんです。

なぜ白くするためにクリーニングをしなくてはいけないのか??

クリーニングをしていない歯の表面には有機質が付着しています。この有機質がホワイトニング効果を邪魔してしまうんです・・・

ホワイトニング前には沈着物(ステイン)を出来るだけ落しておくことが、ホワイトニング効果を発揮する大切なポイントです☆

また、歯石を取ることも大切なポイントなんです!オフィスホワイトニングの際、歯肉を保護をするのですが、歯石があったり歯肉が炎症をおこしておると保護剤がうまく固定できなくなってしまいます。

ホームホワイトニングでも歯石があることでトーレーがきれいに出来ず、ホワイトニングジェルが漏れてくる可能性もあります。

 

このように、ホワイトニングで綺麗な歯を得るには、歯のお掃除が必須なのです。

ホワイトニングの仕上がりには余裕をもってご予約してくださいね^^

 

 

 

 カテゴリ:未分類

台風

こんにちは!ニコデンタルクリニック歯科助手の翁長です。

台風が接近中みたいですね。

今日も明日も一日中雨みたいです。

明日はかなり荒れるようなのでお出掛けの際は十分気を付けましょうね!

 カテゴリ:未分類

歯の痛みが消える

こんにちは。ニコ歯科クリニックの歯科助手吉田です。

 

明日は息子の運動会です。配布されたプログラムを見ると年中さんになったので駆けっこだけではなく、チーム対抗リレーがありました。

先日、リレーの練習を見たとき駆けっこと同じ感覚で居たようで、相手チームがバトンをもらうまで待ち、一緒にスタートしている子がチラホラいて・・・見ていた大人たちの笑いを誘っていました^^

 

さて、本日は歯の痛みについて少しお話ししようと思います。

皆さんは、むし歯で歯が痛んでいたのに気が付いたら痛みが消えてた!

…なんてこと、ありませんか?

自然に炎症が治まったから歯医者さんに行かなくていいや~

…と、お考えになる方もいると思います。

しかし、残念ながら歯の中の炎症はどんどん広がり、一段と歯の破壊が進んでいるのです。

なぜ、痛かったむし歯が痛くなくなったのか??

それは、むし歯が広がり象牙質にも穴があき、膿の逃げ場ができた事で歯の中の内圧が一気に下がるからです。

痛みが引いたからといって放置していると病状は進行し、歯の神経が壊死してしまい 歯の内部で何があろうと痛みを感じられず異常を察知できなくなります。

そして歯の内部だけでなく歯の外の歯根膜や歯槽骨にまで炎症が広がり、歯根膜と歯槽骨にあるセンサーが異常を察知して反応し、痛みが伴います。

また、痛みは体調が悪いときや疲れているときなどに出やすくなります。

 

むし歯を放置することに関して良いことはありません。きちんと治療しましょう。

むし歯の早期発見や早めの治療が、大切な歯の寿命を守ることにつながりますよ^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 カテゴリ:未分類