予防歯科

クリーニングとは

予防とは、歯が悪くなってから削って治療するのではなく、健康な状態でケアを続けることによって、継続的に保つことです。

虫歯になり治療しても、いったん削った歯は元には戻らず、何年か経つと人工物で治療した部分の境目から少しずつ悪くなってしまうのです。

歯を削らなくて良いように予防する。それでも治療が必要になったら再発を起こさないように良質な治療方法を提供することが大切と考えています。
歯の喪失は老化ではなく、虫歯や歯周病が原因です。予防をしっかりと行っていればかなりの確立で大切な歯を残していくことが出来ます。

歯がしっかりと残っていれば、噛む事によって脳への血液供給が増し、記憶力、全身の代謝が促進されます。

逆に、歯の喪失はメンタルヘルス面にも影響を及ぼします。
そして予防は自分の為だけに行うものではなく、お子様のために行うものでもあります。
なぜなら、虫歯や歯周病は感染症であり、親からの感染が最大の原因だからです。

防ぐには、病気の原因となるバイオフィルム(細菌の塊)を定期的に取り除く必要があります。
歯と歯の間、歯と歯茎の間の溝にあるバイオフィルムはホームケアでは取りきれず、そこから病気が始まります。

nico dental clinicでは、歯科衛生士が個々の患者さんにあわせた予防プログラムを立案し、プロフェッショナルケアを行い、正しいブラッシング法、食生活など生活習慣の指導、定期的なメインテナンス(リコール)でバイオフィルムを破壊・除去し、 患者さんと協力してお口の健康状態を継続的に良い状態に保つために予防処置を行っています。

当院ではクリーニングのあとにリナメルトリートメントペーストを用いた歯のトリートメント、無料フッ素塗布を行っております。

リナメルトリートメントペーストとは歯と同じ成分の専用ナノアパタイトが含まれた歯のトリートメント剤です。 目に見えない細かな傷を修復し、歯の表面をツルツルにし汚れがつきにくくなります。

ニコデンタルクリニックではクリーニング、歯のトリートメントはすべて保険診療で行っております。

サリバテスト(だ液検査)

歯磨きを頑張っているのに虫歯ができてしまう…
他の人より虫歯になりやすい気がする…
甘いものをそんなに食べてないのに虫歯ができてしまう…
自分が虫歯で苦労したのでコドモにはそうなってほしくない…

そんなお悩みをお持ちの方に最適な検査です。
このだ液検査はWHO(世界保健機構)の調査でも行われている検査方法です。

 

検査方法

虫歯のリスク検査のひとつであり、唾液を用いて行います。

ミュータンス菌の数(ネバネバの歯垢を作り、虫歯のきっかけを作る細菌)
ラクトバチラス菌の数(砂糖により強い酸を出し、虫歯を進行させる細菌)
唾液分泌量・性質(少ない方は虫歯になりやすいです)
唾液緩衝能(飲食をして酸性にかたむいたお口を中性に戻す能力)

 

虫歯はいくつかの原因が複合して発生する病気(多因子性疾患)ですので、リスク診断してみないとどこが問題なのかわからず、結果を知ることで個々の患者さんにあった予防法がご提案できます。

 

 

検査をお勧めする方

◆検査をおすすめする方◆  

①5歳以上のお子様 ⇒ 生え始めたばかりの永久歯は非常に弱く、 虫歯になりやすいため。  

②妊娠中の女性 ⇒ ご自身と生まれてくるお子様のために 妊娠中から予防を行うことが大切です。  

③虫歯になりたくない方 ⇒ 虫歯リスクをはっきり把握することで 大幅に減らすことができます。  

④虫歯になりやすいと思う方 ⇒ リスクバランスが崩れている可能性があります。  

⑤矯正治療を始める方 ⇒ 矯正装置をつけることで歯磨が難しくなり 虫歯になりやすくなります。  

⑥歯周病の進行した方 ⇒ 歯周病の進行で歯茎が下がり、根っこがみえると根っこの部分が虫歯になりやすいため。 唾液を調べる事でむし歯のかかりやすさが判ります。

検査の結果と生活習慣・背景なども踏まえたうえで、 オーダーメイドの「予防プログラム」をつくる事ができます。 また検査に痛みはありません。

診療時間 約15分
費 用 検査のみ 3,150円

 

ページのトップへ